始める前に知っておきたい金融先物取引の基礎知識

>

金融先物取引の基礎知識を身につけよう

先物取引ってなに?

先物取引とは、将来の約束した時期に約束した値段で売買を行う取引です。
将来のことですのでその商品がいくらになっているかは誰にもわかりません。
そこを、「この時期に、この値段で買わせてください」とお願いし、それを売り手側が承諾したら先物取引の契約の形態です。
契約を結んだ取引ですので、たとえその商品の値段が、約束した時期に約束の値段と違っても、必ず約束した値段での売買をします。
それによって、買い手には高くなったとしても低くなったとしても、安定した値段での購入が可能であり、在庫を確保できるという面でメリットがあり、売り手にも必ず購入してもらえるという確約ができるので、将来の在庫過剰を憂えなくて済むという面でメリットです。

単純にいいものか?

先物取引は、比較的値段が安定した商品の売買に関してはリスクが少ないですが、値段にふり幅のある商品の場合、ハイリスク・ハイリターンであると言わざるを得ないでしょう。
約束の値段より大幅に値段が下がれば、買い手側が損をし、約束の値段より大幅に値段が上がれば、売り手側が損をします。
ですので、双方の納得がなければ契約はもちろん結べませんし、常にリスクが潜むということを理解していなければなりません。
平たく言うと、当たれば大きな収益が見込めますが、外れれば大きな損害を被ることになるということです。
ですので先物取引をすべての商品に関して単純にいい契約形態である、と言うことは難しいのです。
そのことを基本的な考え方としてぜひ留意してください。


この記事をシェアする